インフォメーション未来ニュース

気になるキャッシュレス決済の疑問

 

「キャッシュレス」をテーマにメルマガをお届けし、私も日々の生活で取入れキャッシュレス生活を楽しんでいます。

今回もキャッシュレス・消費者還元事業において、実際にキャッシュレス決済を導入する事業者側の気になるところや疑問をお伝えしていきます。

   

・事業の対象になるキャッシュレスとは?

・現金が回収できない分、入金のサイクルは?

・たくさんあってどの決済会社を選んだらいいのか?

    

気になるところをお伝えいたします!

  

Q1事業の対象になるキャッシュレスとは?

キャッシュレス決済といっても、大きく4つあります。キャッシュレス・消費者還元事業の対象になる決済手段と主な特徴です。

・QRコード:端末不要、手数料が安いなどの低コストで準備も簡単。消費者はスマートフォンで決済。

・クレジットデビット:対象カードを利用している消費者に対応。国際ブランドもあり

・電子マネー:高齢者や不慣れな消費者も安心して利用可能。チャージも簡単。

・モバイル決済:復習の決済手段をまとめて簡単に導入可能。端末等もコンパクト

    

Q2入金サイクルは?

決済会社により異なりますが、入金サイクルの短いサービスの一例です

・PayPay:最短翌日(ジャパンネット銀行口座)その他銀行口座は翌々日。

・Coiney:月6回または月1回を口座によらず対応可能

・Square:最短翌日(三井住友銀行、みずほ銀行)その他の銀行口座は週1回

・Airpay:月6回(三井住友銀行、みずほ銀行)その他の銀行口座は月3回

    

Q3どの決済会社がいいのかな?

どこの決済会社もそれぞれにメリット・デメリットがあるため、1社に絞って決め打ちするのではなく、利用者(自分たちの商品・サービスを消費する方々)の客層とより近い決済会社の決済手段を3社くらい検討・導入することをおすすめします!

決済会社により、手軽さ重視、金融機関との提携重視、広告宣伝重視など様々な特徴があるからです。

   

このような「キャッシュレス」ですが、ご興味があり、今後導入を検討していましたら、UICが窓口になりご相談から各社紹介までさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください!

    

(担当:阿見 睦)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。