株式会社 UI志援コンサルティング

各種経営相談/人材育成/各種セミナー

お電話でのお問い合わせは 0287-39-5298

経営相談・お問い合わせ メールフォームからのお問い合わせ
  • コンサルタントのご紹介
  • よくある質問
  • 社員・パートナー募集
  • メルマガ会員募集中

今から学ぶキャッシュレス

2019年06月20日

今年の10月から開始される消費税改正。

改正とともに、キャッシュレス化の波が押し寄せてきていますが、みなさまはなにか対策をされていらっしゃいますでしょうか?

   

“キャッシュレス” 

  

【cash】現金 お金 現金払い

【less】より少ない 下回る より抑えた 

といったイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、キャッシュレスとは、

現金を使用せずに、プリペイド、クレジットカード、デビットカードの他、現在話題になっているQRコードなどを使用し、支払いや決済を行うことです。

     

最近ではコンビニやスーパーなどでもスマートフォン片手に

「ピッ!」

とレジの端末にかざしているお客様の姿を見たことがありますよね? 

そういった決済も手段の一つです。

   

そんなキャッシュレスですが、意外と知られていない現状や事業者のメリットはどういったところにあるのでしょうか?


今の世界各国のキャッシュレス決済比率は、進展している国で40~60%(韓国は96.4%で1位)であるのに対し、日本は年々上がってきているものの約20%とまだまだ低い浸透水準にとどまっています。

    

なぜ普及しないかの背景として、

・治安がよい社会情勢

・導入時の店舗負担コストなどの問題

・キャッシュレスへの漠然とした不安

    

が上げられます。しかし、近年は、社会全体としての課題解決や海外からいらっしゃる方などに向け、キャッシュレスへの動きが加速していっている現状もあります。

   

ではなぜキャッシュレスへの動きが広がってきているか? と掘り下げて考えると、実は利用者のメリットだけでなく、事業者側へのメリットが大きくなってきている部分があります。

    

例えば、

・人手不足対策(レジ締めなど現金管理の軽減)

・売上現金紛失、盗難等のトラブル減少

・紙幣や通貨に触れず衛生的

・インバウンド対応(訪日外国人の54%がキャッシュレス)

・消費者の購買情報を管理し、マーケティングを高度化

などのメリットが上げられます。

     

そしてそんなメリットに加えて、キャッシュレスに伴うキャンペーンや消費者還元事業の制度もあるため、お客様に選ばれる事業者になる大きなポイントになるのは間違いないのではないかと思われます。

またこの動きは、オリンピックやパラリンピックも開催間近なこともあって、国でも大きなビジョンを掲げ力を入れています。

 

参考資料

https://www.meti.go.jp/press/2018/04/20180411001/20180411001-1.pdf

(経済産業省 「キャッシュレス・ビジョン」より)

     

PAYPAYやLINE PAYなど、いろんな “ペイ” も出てきているキャッシュレス。

   

奥深さとともにこれからの未来に幅広い利便性も期待できそうな気がしませんか?

次回は、実際のキャッシュレス・消費者還元事業の制度概要や利用方法について、具体的にご案内させていただきます。

(担当:阿見 睦)

一覧へ戻る
     

このページのトップへ

株式会社 UI志援コンサルティング

各種経営相談/人材育成/各種セミナー

 あなたの「〜したい」という想いを、私たちは「志」といっています。
 私たちは「パートナー」として、あなたを「志援」します。

TEL0287-39-5298   FAX0287-39-5299
〒329-2711 栃木県那須塩原市石林317番地9(BSPビル 2F)

HOMEコンセプトサービス案内実績紹介よくある質問コンサルタントインフォメーション会社案内社員・パートナー募集お問い合わせ個人情報保護方針

Copyright © UIC All Right Reserved.