未来ニュース

「動く力」

「見切り発車は成功のもと」

  

これは、ホリエモンこと堀江貴文氏の書著「多動力」の中にある言葉です。

  

同じような意味で、弊社UICのある年度のスローガンとして「動け!会え!失敗を怖れるな!」ということを掲げたことがありました。

普通は、「きちんと準備をしてから始める」「事前に問題を想定し、その解決策を先に手を打っておく」「拙速な行動を取るな」などといったことが言われているのではないでしょうか?

  

しかし、「準備万端を整えるまでどれだけ時間がかかるのか?」「その準備ができるまでの時間の中で、どんどん環境が変化しているのではないか?」「動きながら変化に対応していった方が良いのではないか?」「やってみて初めてわかることの方が多いのではないか?」「早く行動することでどんなことでも早く経験することができるのではないか?」ということです。とにかく「動き始める」ことが大事なのだと思います。

  

「気付いたことは即行即止」「間髪入れずに実行」を行うことは簡単ではありません。「気付き」は尊いものです。その「気付き」を無駄にしないためにも「気付いたら頭で考えずにまずは動き出す」「動きながら考える」ことを意識続けることが大事ではないでしょうか?

  

「結果を出す」には「動くこと」が大事であり、「数多く動く」ためには「早く動き出す」ことがポイントです。そして、「一人ではなく、誰かと動き出す」ことも動き続けるコツです。「早く動く」「数多く動く」という「動く力」は、「結果を出す力」につながっていくものと思います。

  

(担当:伊藤 一嘉)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。